『ダブルミンツ』

中村明日美子(ex『同級生』)原作の問題作を実写映画化
犯罪と暴力の中で男たちの愛を描くダークBLの傑作!




少女漫画、ボーイズラブ(BL)など、多くの熱狂的ファンを得ているサブカル界のカリスマ・中村明日美子。
彼女の原作の中でも犯罪と暴力の中で男たちの愛憎入り混じるドラマを描いたダークBLと呼ばれる
衝撃的な作品「ダブルミンツ」が実写映画化!

主演を演じるのは、『僕だけがいない街』『ミュージアム』など話題作への出演が続き、
今作が初主演作となる淵上泰史と、2016年日本レコード大賞新人賞を受賞したBOYS AND MENの
メインメンバーとして活躍し、俳優としても『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』『サムライロック』
といった作品で活躍している田中俊介が、ただならぬ男たちの関係を鮮烈に演じています。

そして『三丁目の夕日』シリーズや舞台『ハイキュー!!』シリーズの須賀健太が高校時代の高圧的な光央を演じ、
『アンチポルノ』主演で話題の冨手麻妙、『想いのこし』の川籠石駿平、
『そして父になる』『そこのみにて光輝く』の高橋和也、
『踊る大捜査線』シリーズ 『グッドモーニングショー』の小木茂光が脇を固めています。
監督は『下衆の愛』でロッテルダム国際映画祭ほか30以上の海外の国際映画祭で上映されて話題を呼んだ
内田英治が手掛ける!

<ストーリー>
「女を殺した―」ある日突然、壱河光夫(淵上泰史)の携帯電話にかかってきた高飛車な声の主は、
高校時代の同級生で今はチンピラになっている市川光央(田中俊介)だった。
高校の新クラスで出会った同じイチカワミツオの音の名前を持つ二人だったが、
冷酷で高飛車な光央(須賀健太)にいつしか光夫(川籠石駿平)は下僕となり逆らえない主従関係となっていた。

数年を経て、衝撃的な再会をした光夫と光央だったが、かつての隠微な記憶が忘れられない光夫は、
逆らうことなく共犯者となった。
だがそれは高校の頃の主従関係でない、新しい形の関係へと姿を変えていく…。

監督/脚本:内田英治、原作:中村明日美子「ダブルミンツ」(茜新社刊)
出演:淵上泰史、田中俊介、須賀健太、川籠石駿平、冨手麻妙、高橋和也、小木茂光
2017年/日本映画/100分(予定)/配給:アーク・フィルムズ、スターキャット
©2017「ダブルミンツ」製作委員会 ©中村明日美子/茜新社

2017年6月3日(土)よりシネ・リーブル池袋(東京)
シネ・リーブル梅田(大阪)、センチュリーシネマ(愛知)ほか
全国ロードショー!


公式サイト:http://www.d-mints.jp/
Twitter:https://twitter.com/doublemints2017
Facebook:https://www.facebook.com/doublemints2017/